検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

診療内容

根管治療

◎ 根管治療(歯内療法/Root Canal Treatment)

根管治療の例

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療、予防するものです。当院では、歯を保存(残す)ことを最重要視しております。

歯を保存するためにはなにが必要でしょうか?
ただ、高額なかぶせ物(修復物)をかぶせることでしょうか?
ただ、見た目にきれいな歯をかぶせることでしょうか?
そうではないと考えます。

建造物などでもなんでもそうですが物事は基盤となる部分が一番大切であるといえると思います。歯科治療においての基盤は診査診断、治療計画であり、具体的に治療内容でどの部分が根幹を成すかというと「歯周治療」および「根管治療」ということになるでしょう。

歯周治療、根管治療(歯内療法)、修復治療を総称して保存治療と呼びます。これらの保存治療が適切に行われているうえで初めて審美歯科治療や歯周補綴とよばれる治療が達成されると考えています。

◎ 歯を保存するためにはなにが必要でしょうか?

歯を保存するために必要なこと、それは「適切な保存治療」を行うことです。

海外においての根管治療の評価は非常に高くインプラント治療とほぼ同等な評価をされています。一度、神経を取ってしまうと痛みを感じないためにその後、その歯が虫歯に犯されてしまった場合にも気づかず対応が遅れてしまうと抜歯にいたってしまうのです。つまりは、不適切な根管治療は抜歯に直結することになりますし、逆に適切な根管治療は健康な状態で歯の保存が可能になります。

当院の根管治療の術式や使用器具の選択は、海外の優秀な歯科医の実例を参考しています。グローバルスタンダードな歯科診療を目指す場合に根管治療は決して無視することのできない治療であり、歯の保存のためには非常に重要で、高い位置づけがなされるべきものであると考えております。

このページを見た人がもっともよく見るページ


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/main.jp-minedc/web/wp/wp-content/themes/chameleon/btnSide.php on line 119