検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

診療内容

歯周病

◎ 歯周病とは?

歯周病の例

歯周病とは、歯茎と歯を支えている骨の病気です。

右の例はいっけん問題なさそうに見えますが・・・歯肉を切開してみると歯をささえている骨がなくなっています。歯周病は静かなる病気とも言われ一般的に普段痛みなどの症状がなく進行するため、本人が自覚していないことが多い病気です。日本人の30歳以上の8割が罹患していると言われています。

歯肉の出血や、腫れ、歯の揺れに気づいたら要注意です。歯と歯茎の間から入り込んだ歯周病原細菌とかみ合わせ、全身や生活習慣の問題から起こります。

左:健康な歯 右:歯周病の歯

◎ 歯周病の原因は何か?

歯周病の原因歯は、歯周病原細菌(プラーク)ですが、それだけではありません。
歯周病の発症・進行にはいろいろなリスクファクターが関わっています。

1 歯周病原細菌(プラーク)
プラークとは、歯の表面にある黄白色の粘り気のある付着物です。プラークは1mg中に約1億個の細菌が存在し成熟するとバイオフィルムと呼ばれる状態になります。身近な例を挙げると、台所や浴室の排水管についているぬめりもバイオフィルムの1種です。
2 過大な力 (咬合力)
咬合性外傷の起こりにくい理想的なかみ合わせとは、カチッと咬んだ時に臼歯が確実にかみ合って顎の位置を定め、そこから左右・前後に動く時は、前歯や犬歯が主に咬み合うことで臼歯を保護するものです。前歯は顎の舵取りの役目をし、臼歯は建造物の柱の役目をしていると表現できます。どちらかだけが機能しているだけでは、健康な口腔内環境を保つことは困難になります。
3 歯石
プラークは歯についてから時間が経つと、唾液や血液中のカルシウムと結合して歯石になります。歯石は歯ブラシで除去することはできません。歯石の表面は粗造で、プラーク(歯周病原細菌)の停滞を助長します。深い歯周ポケットの中の歯石(歯肉縁下歯石)は黒褐色で、歯根表面に特に強固に付着しています。これらは、PMTCというプロフェッショナルケアで清掃できます。
4 適合の悪い詰め物やかぶせもの
治療で詰め物やかぶせものを使用することがありますが、これがお口の環境に合っていないと、汚れがたまりやすく、歯磨きだけでは清潔に保てない場合があります。歯周病を防ぐためには、歯肉や隣の歯などと調和していることも重要です。
5 歯根の形態、分岐部
歯根の分岐している部分や歯根の深い溝に歯石がある場合、器具を確実に到達させることが難しく、歯石やプラークの完全な除去は熟練した歯周専門医でもほぼ不可能なことが様々な研究から明らかになっています。また形態の複雑性から、患者様自身でのセルフケアも難しく歯周病が進行しやすく、特別な処置や抜歯が必要になることが少なくありません。
6 喫煙
多くの研究者が、喫煙が一番の歯周病の修飾因子だというように、口腔内にもかなりの悪影響を及ぼします。血行障害や免疫機能の低下を引き起こし歯周病においては症状が現れにくく、治療の効果も低下します。とくに歯周再生療法、インプラント治療等、治療効果は約半分であると指摘する研究者も多くいます。
7 歯ぎしり、食いしばり
無意識のうちに過大な力が歯周組織に加わることで歯を支える骨に負担がかかります。(前述の咬合性外傷) 主に活動時にかみ合わせていることは咀嚼中以外はほとんどなく睡眠中のかみ合わせが問題になることが多く、歯周組織、顎、歯のいずれかに障害を及ぼします。
8 その他のリスクファクター
糖尿病、ストレス、偏った食生活、薬物服用なども歯周病の進行に関わります。

このページを見た人がもっともよく見るページ


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/main.jp-minedc/web/wp/wp-content/themes/chameleon/btnSide.php on line 119