検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

診療内容

インプラント

◎ 失った歯を回復する、残った歯を守るインプラント治療

虫歯や歯周病などで失ってしまった歯を補い、咬んだり話したりする機能を回復する治療を欠損補綴治療と呼びます。インプラント治療とは、その一つで他の歯に負担をかけることなく機能回復が可能な唯一の方法です。生体親和性が高いチタンでできた、人工歯根を顎骨に埋め込み、3~6カ月を経て骨と直接結合させた後、歯冠を作製する治療です。

インプラントの応用
  • 残っている歯を守る
  • 補綴治療(かぶせもの)の簡素化
  • 審美治療への応用
  • 矯正治療への応用
  • 義歯を支える

簡単な手術が必要ですが、自分の歯と同じような感覚の咬み心地、快適さを得ることが可能です。また、第3の永久歯と表現されることもあり、昨今、欠損補綴治療のファーストチョイスになりつつある治療でもあります。一般に上記のように歯を失った部分を補うものと認識されていますが、他にも右記のような場面で応用され治療法として大きく広がりつつあります。

インプラントの料金や保証についてはこちらのページ

◎ 歯周病とインプラント

インプラント図

歯周病治療によって病状安定させた歯を長期的に維持するためには、多くの歯をつなぐ長いブリッジ、や義歯を避け、残った歯の負担を減らすことが大切です。インプラント治療を応用することで、残った歯の負担を減らしそれらを守る役割をはたすことが可能となります。

また、失った部分のみに注目してインプラントを埋入してもよい結果は得られないことが多いのです。インプラント予定の部位以外の歯の歯周病、虫歯、かみ合わせの状態を適切に診査診断することが大切です。

周囲の状態を考慮せずにインプラント治療を行うとそれ自体の意味自体が薄れてしまうもしくは、まわりの治療をしづらくしてしまうことすらあります。峯デンタルクリニックでは、口腔内全体をトータルに考え治療する必要があると考えております。

インプラントのメーカーについては、米国シェアNo.1 の「Biomet3i」を使用し、当院では10年保証で提供しています。今後は、患者様のいっそうの安心のため、シリアルナンバーのついたカードを提示していく方針です。

最後にインプラント治療はひとつの治療手段であり、ご自身の歯を残すことよりも優先されるべきものではありません。あくまで、天然歯の保存(ご自身の歯を残す)が最優先であり、インプラント治療をうまく活用し快適な生活を手にしてください。

◎ インプラント術前シミュレーションソフト「シンプラント」

インプラント術前にシミュレーションソフト「シンプラント(SimPlant)」というものを使います。これは、同タイプのシミュレーションソフトとしては、世界でも多くのクリニックで利用されているものです。

SimPlant(シンプラント)参考画面1

従来のレントゲンの平面画像だけですと、内部の状態を正確に把握することが困難で、実際に手術を行ってから内部の状態に合わせて、予定のインプラント埋入角度を変更しなければいけない場面もありました。
しかしCTの3D画像とシンプラントにより、あらゆる角度から顎の骨を立体的に表示されるため、レントゲン画像では分からなかった骨の形や量などを把握でき、正確な診断が可能となります。

またCT画像より作成する3D画像により、立体的な構造がわかりやすくなり、ご説明する際も患者様の理解度が大幅にアップします。リアルな画像による治療説明やオペのイメージトレーニングにより、時間を無駄にせず安心で確かなオペを実現することができます。患者様にとっては、安心・納得した上で、インプラント手術に臨むことができます。

◎ シンプラントを使用するメリット

SimPlant(シンプラント)参考画面2

シンプラントとサージカルガイドを併用することにより、より正確なオペ方法を選択することができます。とりわけシンプラントは、世界中の主要メーカーの様々な型のインプラントに対応しておりますので、症例によって異なるインプラントを使い分けることが可能です。

このページを見た人がもっともよく見るページ


    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/main.jp-minedc/web/wp/wp-content/themes/chameleon/btnSide.php on line 119