検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

診療内容

歯周病

◎ 歯周病とは?

歯周病の例

歯周病とは、歯茎と歯を支えている骨の病気です。

右の例はいっけん問題なさそうに見えますが・・・歯肉を切開してみると歯をささえている骨がなくなっています。歯周病は静かなる病気とも言われ一般的に普段痛みなどの症状がなく進行するため、本人が自覚していないことが多い病気です。日本人の30歳以上の8割が罹患していると言われています。

歯肉の出血や、腫れ、歯の揺れに気づいたら要注意です。歯と歯茎の間から入り込んだ歯周病原細菌とかみ合わせ、全身や生活習慣の問題から起こります。

左:健康な歯 右:歯周病の歯

◎ 歯周病の原因は何か?

歯周病の原因歯は、歯周病原細菌(プラーク)ですが、それだけではありません。
歯周病の発症・進行にはいろいろなリスクファクターが関わっています。

1 歯周病原細菌(プラーク)
プラークとは、歯の表面にある黄白色の粘り気のある付着物です。プラークは1mg中に約1億個の細菌が存在し成熟するとバイオフィルムと呼ばれる状態になります。身近な例を挙げると、台所や浴室の排水管についているぬめりもバイオフィルムの1種です。
2 過大な力 (咬合力)
咬合性外傷の起こりにくい理想的なかみ合わせとは、カチッと咬んだ時に臼歯が確実にかみ合って顎の位置を定め、そこから左右・前後に動く時は、前歯や犬歯が主に咬み合うことで臼歯を保護するものです。前歯は顎の舵取りの役目をし、臼歯は建造物の柱の役目をしていると表現できます。どちらかだけが機能しているだけでは、健康な口腔内環境を保つことは困難になります。
3 歯石
プラークは歯についてから時間が経つと、唾液や血液中のカルシウムと結合して歯石になります。歯石は歯ブラシで除去することはできません。歯石の表面は粗造で、プラーク(歯周病原細菌)の停滞を助長します。深い歯周ポケットの中の歯石(歯肉縁下歯石)は黒褐色で、歯根表面に特に強固に付着しています。これらは、PMTCというプロフェッショナルケアで清掃できます。
4 適合の悪い詰め物やかぶせもの
治療で詰め物やかぶせものを使用することがありますが、これがお口の環境に合っていないと、汚れがたまりやすく、歯磨きだけでは清潔に保てない場合があります。歯周病を防ぐためには、歯肉や隣の歯などと調和していることも重要です。
5 歯根の形態、分岐部
歯根の分岐している部分や歯根の深い溝に歯石がある場合、器具を確実に到達させることが難しく、歯石やプラークの完全な除去は熟練した歯周専門医でもほぼ不可能なことが様々な研究から明らかになっています。また形態の複雑性から、患者様自身でのセルフケアも難しく歯周病が進行しやすく、特別な処置や抜歯が必要になることが少なくありません。
6 喫煙
多くの研究者が、喫煙が一番の歯周病の修飾因子だというように、口腔内にもかなりの悪影響を及ぼします。血行障害や免疫機能の低下を引き起こし歯周病においては症状が現れにくく、治療の効果も低下します。とくに歯周再生療法、インプラント治療等、治療効果は約半分であると指摘する研究者も多くいます。
7 歯ぎしり、食いしばり
無意識のうちに過大な力が歯周組織に加わることで歯を支える骨に負担がかかります。(前述の咬合性外傷) 主に活動時にかみ合わせていることは咀嚼中以外はほとんどなく睡眠中のかみ合わせが問題になることが多く、歯周組織、顎、歯のいずれかに障害を及ぼします。
8 その他のリスクファクター
糖尿病、ストレス、偏った食生活、薬物服用なども歯周病の進行に関わります。

ページTOPへ

根管治療

◎ 根管治療(歯内療法/Root Canal Treatment)

根管治療の例

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療、予防するものです。当院では、歯を保存(残す)ことを最重要視しております。

歯を保存するためにはなにが必要でしょうか?
ただ、高額なかぶせ物(修復物)をかぶせることでしょうか?
ただ、見た目にきれいな歯をかぶせることでしょうか?
そうではないと考えます。

建造物などでもなんでもそうですが物事は基盤となる部分が一番大切であるといえると思います。歯科治療においての基盤は診査診断、治療計画であり、具体的に治療内容でどの部分が根幹を成すかというと「歯周治療」および「根管治療」ということになるでしょう。

歯周治療、根管治療(歯内療法)、修復治療を総称して保存治療と呼びます。これらの保存治療が適切に行われているうえで初めて審美歯科治療や歯周補綴とよばれる治療が達成されると考えています。

◎ 歯を保存するためにはなにが必要でしょうか?

歯を保存するために必要なこと、それは「適切な保存治療」を行うことです。

海外においての根管治療の評価は非常に高くインプラント治療とほぼ同等な評価をされています。一度、神経を取ってしまうと痛みを感じないためにその後、その歯が虫歯に犯されてしまった場合にも気づかず対応が遅れてしまうと抜歯にいたってしまうのです。つまりは、不適切な根管治療は抜歯に直結することになりますし、逆に適切な根管治療は健康な状態で歯の保存が可能になります。

当院の根管治療の術式や使用器具の選択は、海外の優秀な歯科医の実例を参考しています。グローバルスタンダードな歯科診療を目指す場合に根管治療は決して無視することのできない治療であり、歯の保存のためには非常に重要で、高い位置づけがなされるべきものであると考えております。

ページTOPへ

インプラント

◎ 失った歯を回復する、残った歯を守るインプラント治療

虫歯や歯周病などで失ってしまった歯を補い、咬んだり話したりする機能を回復する治療を欠損補綴治療と呼びます。インプラント治療とは、その一つで他の歯に負担をかけることなく機能回復が可能な唯一の方法です。生体親和性が高いチタンでできた、人工歯根を顎骨に埋め込み、3~6カ月を経て骨と直接結合させた後、歯冠を作製する治療です。

インプラントの応用
  • 残っている歯を守る
  • 補綴治療(かぶせもの)の簡素化
  • 審美治療への応用
  • 矯正治療への応用
  • 義歯を支える

簡単な手術が必要ですが、自分の歯と同じような感覚の咬み心地、快適さを得ることが可能です。また、第2の永久歯と表現されることもあり、昨今、欠損補綴治療のファーストチョイスになりつつある治療でもあります。一般に上記のように歯を失った部分を補うものと認識されていますが、他にも右記のような場面で応用され治療法として大きく広がりつつあります。

インプラントの料金や保証についてはこちらのページ

◎ 歯周病とインプラント

インプラント図

歯周病治療によって病状安定させた歯を長期的に維持するためには、多くの歯をつなぐ長いブリッジ、や義歯を避け、残った歯の負担を減らすことが大切です。インプラント治療を応用することで、残った歯の負担を減らしそれらを守る役割をはたすことが可能となります。

また、失った部分のみに注目してインプラントを埋入してもよい結果は得られないことが多いのです。インプラント予定の部位以外の歯の歯周病、虫歯、かみ合わせの状態を適切に診査診断することが大切です。

周囲の状態を考慮せずにインプラント治療を行うとそれ自体の意味自体が薄れてしまうもしくは、まわりの治療をしづらくしてしまうことすらあります。峯デンタルクリニックでは、口腔内全体をトータルに考え治療する必要があると考えております。

インプラントのメーカーについては、米国シェアNo.1 の「Biomet3i」を使用し、当院では10年保証で提供しています。今後は、患者様のいっそうの安心のため、シリアルナンバーのついたカードを提示していく方針です。

最後にインプラント治療はひとつの治療手段であり、ご自身の歯を残すことよりも優先されるべきものではありません。あくまで、天然歯の保存(ご自身の歯を残す)が最優先であり、インプラント治療をうまく活用し快適な生活を手にしてください。

◎ インプラント術前シミュレーションソフト「シンプラント」

インプラント術前にシミュレーションソフト「シンプラント(SimPlant)」というものを使います。これは、同タイプのシミュレーションソフトとしては、世界でも多くのクリニックで利用されているものです。

SimPlant(シンプラント)参考画面1

従来のレントゲンの平面画像だけですと、内部の状態を正確に把握することが困難で、実際に手術を行ってから内部の状態に合わせて、予定のインプラント埋入角度を変更しなければいけない場面もありました。
しかしCTの3D画像とシンプラントにより、あらゆる角度から顎の骨を立体的に表示されるため、レントゲン画像では分からなかった骨の形や量などを把握でき、正確な診断が可能となります。

またCT画像より作成する3D画像により、立体的な構造がわかりやすくなり、ご説明する際も患者様の理解度が大幅にアップします。リアルな画像による治療説明やオペのイメージトレーニングにより、時間を無駄にせず安心で確かなオペを実現することができます。患者様にとっては、安心・納得した上で、インプラント手術に臨むことができます。

◎ シンプラントを使用するメリット

SimPlant(シンプラント)参考画面2

シンプラントとサージカルガイドを併用することにより、より正確なオペ方法を選択することができます。とりわけシンプラントは、世界中の主要メーカーの様々な型のインプラントに対応しておりますので、症例によって異なるインプラントを使い分けることが可能です。

ページTOPへ

審美歯科

◎ 美しさの求められる時代に

昨今、患者様の歯科治療への希望や意識の高まりとともに、機能だけでなく、治療を行った部位の自然観、美しさを求められる様になりつつあります。美しいと感じる対象は個体差が大きく、時代、地域、社会、集団、環境などによっても大きく異なるでしょう。
例えば、整然と並び、シンメトリー(左右対称)なものに美を感じる人もいれば、ランダム、もしくはアシンメトリー(左右非対称)に並ぶ様に美を感じる人もいます。

歯科診療においても例外的ではない場面があります。ここでひとつ例をあげるとするならば、ヤエバがあります。わが国においてはチャーミングポイントの一つとして認識される場面もあるとは思いますが、欧米諸国においては、デビルティースなどと言われ、一般的に非常に悪い印象を持つとされます。このように美意識や文化に違いがあれば、とらえ方も様々ということです。

しかし、治療となると一部例外を除いては、一定のガイドラインがあります。それはなぜかと言うと美しさも大事ですが、医療である側面を無視することができないからです。一番わかりやすい上顎の前歯において考えてみましょう。

  1. 顔の正中と歯の正中の一致
  2. 左右の歯の幅、長さのバランス
  3. 歯肉のラインの歯との調和、対象性
  4. 下顎の歯との機能的、審美的な調和
  5. 歯、歯肉のホワイト、ピンクや顔などとの色の調和 など

これらにおいて、定められたゴールドスタンダードが存在します。

◎ 歯が美しいことによるメリット

歯が美しいことは、女性を気品があり美しく見せ、男性は清潔で快活な印象を与えます。欧米諸国において歯が美しいことはステータスであり、社会人としての身だしなみとしてとらえられているそうです。美しい歯はその人をより活発で健康で若々しく見せる効果があります。

特に外国の映画俳優、アナウンサー、歌手などメディアに露出する人がみな一様にまっ白な歯を見せて笑うのはそのためです。美容の世界においても人が人を見るときどこを見るかという調査で第1位が目、第2位が歯であるということがわかっています。適切な歯科治療を受けて快適で生き生きとした生活を手にしてください。QOL(クオリティーオブライフ)の向上のためできることがあります。

◎ 審美・美容という歯科領域

審美:本来持つべき美しさを最大限にひきだす、もしくは回復すること

患者様の希望を踏襲した上で、それが審美歯科であろうとも美容歯科であろうとも問題はないと思いますが、なにより大事なことは、あくまで治療であるという概念のもとに成り立つものでなければいけないということと考えます。

美容:本来持つ美しさをより強調する、もしくは変化させることで美しく見せること

そのため、そのどちらにおいても慎重な審査、診断が必要であり、そのうえで機能、美しさ、さらにそれをキャラクタライズさせた治療を行います。歯冠修復、義歯、インプラント、予防において審美的にかつ機能的にあなたの笑顔、口元を美しく演出いたします。

ページTOPへ

義歯(入れ歯)

◎ 部分床義歯、総義歯について

失ってしまった歯や歯肉を補い、口腔機能の回復をする方法(欠損補綴)の一手段として古くから行われてきた方法です(一般に言われる“入れ歯”です)。欠損の範囲や残存歯の数、咬み合う歯の位置や数、義歯の設計など多くのことを考慮しなくてはなりません。入れ歯は鉤歯(入れ歯を支えるハリガネのかかる歯)への力学的負担や虫歯リスクの増大、咬合の不均衡による歯周病の誘発が起こることがあり、問題点が残る場合が多くあります。

※どのような修復・補綴を行うにしても、その術前の処置として、歯周治療による感染源の除去と、 咬み合わせの安定がなされていなければなりません。

また、義歯でお困りの方は、精密義歯、インプラントをご検討ください。

● 精密義歯
義歯の欠点を可能な限り少なくし、より違和感の少ない材料、咬合器(かみ合わせを再現する機械)の応用などにより作製される義歯です。峯デンタルクリニックでは阿部晴彦先生ご考案のSHILLASYSTEMを用いた精密義歯の作製の手法を取り入れております。
●インプラント
義歯を使用していたが、どうしても慣れることができない、咬めない、より快適にしたいなどでお悩みの方には最適の治療法です。詳細はこちら

ページTOPへ

拡大診療

◎ 拡大診療とは?

昨今、患者様のニーズは多様化し、より高度な医療を受けることへと変化しつつあります。当院においては、精密診療を行う際、拡大鏡(ルーペ)を使用しています。これを拡大診療と呼んでいます。大型のマイクロスコープに比べ操作性と機動力にすぐれていると言われております。必要性に応じて倍率は選択されます。特に審美修復治療、精密根管治療などにおいて、絶大な効果を発揮します。

◎ 拡大視野による診療

人間の裸眼での二点識別域は0.2mmが限界です。では歯科診療においてはどこまで細かく見る必要があるのでしょうか?たとえばクラウン(かぶせ物)の適合性の場合、数十μm程度の範囲であれば良好とされています。つまり現代の歯科治療においては、裸眼では必要とされているレベルを満たすことは難しいのです。それでは、拡大鏡(ルーペ)を使った場合の視野を確認しましょう。

1 フィニッシュライン(かぶせ物と歯の境目)の仕上げ
フィニッシュラインを連続したスムーズなラインにするためには、プレパレーションバー (歯を削る道具)の移動をスローダウンさせ、確実に目で確認しながら動かさなくてはいけません。また、かぶせ物の適合は長期的な維持に大きな影響を与えることは周知の事実です。
2 歯肉圧排操作と印象採取
裸眼で行う歯肉圧排操作は、ややもすれば感覚的なものとなり、必要以上にコードを深く挿入してしまう場合も少なくありません。拡大視野下で行われる圧排操作は、コードが適切な深さに挿入されているかが明瞭なため、圧排による歯肉のダメージも最小限になり、予知性の高い印象採取が可能となります。ここでの操作で歯肉に必要以上にダメージを加えてしまうと歯周治療により回復した歯肉を痛めてしまうことになります。
3 修復物(かぶせ物)完成度のチェック
出来上がってきた修復物は装着する前に適合などのチェックをすることがかかせません。歯科技工には寸法変化などのエラーが起こることが少なくありません。そのため歯科技工士の仕事、修復物の完成度を客観的に判断する必要があります。修復物の適合のチェックは手指感覚によるところが多かったのが現状でしたが、拡大視野下で行うことにより、明瞭かつ客観的に適合を評価することができます。

◎ マイクロスコープについて

峯デンタルクリニックでは、精度の高い治療を可能にするため、カールツアイス社のマイクロスコープを導入しております。これにより、対象物をより大きく、そして明るく鮮明に見る事ができ、記録した画像は患者様にモニターで鮮明にお見せする事ができます。通常よりも正確な治療を可能として、お口の中で行われている治療を確認していただく事が可能となります。

峯デンタルクリニックのマイクロスコープ

ルーペなどと同じ拡大視野下での診療をするための装置です。ルーペなどでは表現不可能な倍率での診療を可能にします。

医科もしくは、海外の歯科診療においては、マイクロデンティストリーとして、親しまれ、医科では脳外科や眼科などの手術の分野、歯科では根管治療等に使用されることが多くあります。精密な根管治療、歯周形成外科においてはその使用が推奨されます。

特にアメリカにおいて根管治療の専門医であることを標榜するためには、マイクロスコープが設置してあることをひとつの条件としているそうです。
それはマイクロスコープがいかに必要性の高い装置であるかの表れと考えられます。マイクロスコープを使用しての治療をご希望の方はご相談ください。

ページTOPへ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 保険外診療のご案内
  • 診療相談
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • クリニックについて