検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

スタッフブログ

歯内療法学会認定臨床研修会

2016.10.19

最近は休日は全て、歯科関連のもので埋まっているなぁ〜という今日この頃です。

趣味のギターや英語に触れられないのは残念ですが、まぁそこは本業歯医者さんなので仕方ないですね・・・w

先日の日曜日は日本歯内療法学会の認定臨床研修会に参加してきました。

これは、日本歯内療法学会の定める、専門医を要請するための研修会なんですね、一年に一度しかうけられず、それを7年間かけて受講しなければいけないというものです。

なんか最近思いついたのですが、これはまるでドラゴンボールのようだと・・・7つあつめれば願いがかなうというアレですねw

今回は感染予防対策についてでした、これはとても大事で深刻な問題です。

以前新聞などを賑わせていましたが、歯科においては場合によっては、むしろ医科よりも厳しい感染予防対策が必要なのですが、現状では、不十分であると思われます。

もちろん歯科医師側は全く気にしていないわけではないのですが、現状の保険制度の中で、完璧に行うとなると、歯科医院は経営上かなり厳しい状況になってしまいます。

できる限りの感染予防対策を当院においても行っています。

しかし、難しい部分もあります。

例えば、根管治療に使うものなどはほとんどの部分をディスポーザブルにしたりしたいと常日頃から思っていますが、それを行うことなどです。

かといって、汚い器具を使用するわけにはいきません。我が国では滅菌という操作で器具を清潔に保つのが一般的ですが、できれば血液に直接触れるもので、小さい器具、滅菌が難しい器具はディスポーザブルにできるとよいと思います。

日本では医科の医療費はとても高く、医科ではディスポーザブルが当たり前です。医科と歯科の扱いの差には歯科医師としていつも疑問に思わざるをえません。

歯科を無下に扱っているのは、先進国では日本だけであると言われています。

政治のことに詳しくはないので、よくわからないのですが、オリンピックで、施設を無駄に作ったり失敗したりして、億単位のお金が無駄にされているのなら、歯科の保険診療における感染予防対策費用を歯科医院側に提供していただきたいと歯医者さんは思っていると思います。

単純に診療報酬を増やして欲しいということではなく、医療として絶対に必要な部分に関しての整備をお願いしたいのです。真面目に考えている歯医者はみなそのように考えています。

患者さんが安心して、保険医療を受けられる、最低ラインは感染予防とかの部分にあるように思います。

保育士さんの問題が取り上げられていますが、こちらにも少し目を向けて頂けたら幸いと思う今日この頃です。

衛生士の強い味方!

2016.10.19

こんにちは、今年もいよいよ冬に入りかけていますね、

とても早いですね、最近はますます一年が早いような気がします。

衛生士のコース受講の話を以前お伝えしましたが、当院でも衛生士の道具である、スケーラー(歯石をとる道具)を研ぐ道具を導入いたしました。歯周病治療には欠かせない道具ですし、これの切れ味を保つことが、歯科衛生士の実力の差がでる部分です。

メーカおかかえの衛生士さんにも来ていただいて、再度使い方の指導を受けました。

考えてみれば、私も歯周病学会指導医の先生の病院に勤務されていただいていた時は、このスケーラを研ぐことと、歯石除去、患者教育、歯ブラシ指導ができれば、8割がた歯周病治療は終わりだとおっしゃっていたのを思い出します。

昔はこんなにいい道具はなくて、フリーハンドで行っていました。何度も何度も指導医に見てもらい覚えたのですが、時代は変わりましたねσ^_^;

衛生士は責任感を感じたのか必死にかぶりついて、おかかえの衛生士さんを帰らせない勢いで、教えてもらっていました。当院の歯周病治療もこれでまたひとつ、レベルアップできたらうれしいなと思います。

木島

根管治療のためのトレーニングキット

2016.10.01

こんばんは、当然ですが、私たちはプロの歯科医師です。

我々は、内科や精神科などの診断やカウンセリングを中心とする分野と違って外科です。

英語で歯科医のことをDentistというのはご存知だと思いますが、Doctor of dental surgeryと呼ぶのは業界人以外でまずご存知ないかと思います!

そう歯科医師は外科医なんです。

昔のドラマ『白い巨塔』の中で財前教授が研修医の柳原君に言うセリフの一つを思い出します。

「柳原君、外科医は腕だけだよ、理論武装して、能書きたれても意味はない、腕が悪ければ患者は死ぬ」

(詳細は違うかもですが、このようなニュアンスのことを言っていました)

これが若いころ刺さったのを覚えています。

外科医は腕、しかもプロ、ということはサッカー、野球、柔道、ボクシングなんでもいいのですが、スポーツ選手と一緒で日々新しい技術を身につけるため、勉強だけでなくトレーニングも必要なんです。

根管治療は現在良いキットが出ているためかなり実際に近い練習が可能です。昔はカメラのフィルムケースに釘を刺して歯を固定したりして練習していたのですが、今はおしゃれなトレーニングキットがイタリアから出たので、購入しました!

青色がアズーロ(イタリア語で青)でイタリアっぽくて、かわいいです。写真の歯が刺さってる青いのがそうです。

新しい材料や機材を患者さんでいきなり試すわけにはいきませんからね、どんなにベテランになっても、日々練習です。

しかし、今回買った根管治療用のトレーニングキットですが、Style italiano Endodontics の Riccardo Tonini先生が考案したそうです。でも、イタリア人はいちいちかっこいぃですね!

詳細は下記URLからどうぞ!!!

僕もかっこよく臨床をやりたいです。

木島

endodontic-training

中学校で授業してきました!

2016.10.01

こんにちは、今日は歯科医師会の啓発事業の一つで中学校で授業を行ってまいりました。

日本では歯科治療に対しての認識、歯への関心が低いというのが、世界の常識という、不名誉なことが言われています。

最近よく引きえ合いに出されるのが、安倍首相の歯の酷さとオバマ大統領の歯の綺麗さです。

理由は諸説言われています。例で言うと、

①日本語は歯がなくても発音できる、欧米の言語は歯がないと正しく発音できないそうです。しかも、発音が正しくできない人はとても印象が悪いとのことです。

②宗教上、日本人は無宗教の人が多く命は惜しいが、人生を豊かに生きることへの欲求が低い。海外のように、キリスト教、イスラム教、仏教、儒教などの神様の存在を大切にしている人々は自分の口で食物を取ることに重きを置いているそうです。寝たきりの患者さんが欧米の方が少ないと聞きますが、それは日本人の多くが思っている、日本の医療が良いから寝たきりになる程長生きというのもあるかもしれませんが、一つには、自身で摂食できないのに生きることは神様への冒涜と捉えるような場合もあるようです。

③保険治療があるおかげで、すぐに治療できるので、逆に歯の大切さがなくなるまでわからない。

④見た目にお金を使う文化で、歯は見えないと思っているから。

などいろいろ聞いたことがありますが、どちらにしても、

歯科医師の立場からすれば、歯はかなり大切です。とお伝えしたいわけです。

体と歯の関係は深く、心筋梗塞、癌、糖尿病などいろいろな病気の発端は歯で、十分な摂食ができないことや、口腔内の清掃不良が引き起こすことが科学的に根拠をもって証明され始めています。

当院のホームページでも書いているのですが、恋人、友達、家族といて幸せな時を過ごしている時、人はどんな表情をしていますか?おそらくそれは笑顔でしょう・・・その幸せな時間を素敵な笑顔とともに過ごしませんか?

なんて思っています。そのお手伝いをさせてください。

てなことを考えながら、割と中学生を前に熱く語ってまいりました。最近の生徒さんはとても真面目に授業を受けてくれている印象でした、おふざけをしたり、寝てる子もいなく、とてもこちらとしても話がいがあります。

この世代の時に歯の大切さを少しでも理解してほしい、私が授業の中でマニュアルに付け加えさせてもらったのは、みなさん治療を受けないようにしましょうです。

????なんのこっちゃと思われるかもしれませんが・・・

歯医者に来るなという意味ではもちろんありません、予防をしに来院してほしいのです。

痛くなったら、困ったらやればいいやじゃなくて、予防することを我が国でも知ってほしい。多くの歯科医師がこれをなんとかわかってほしいと本気で思っています。

歯は予防することで、確実に結果が出ることが、言われています。

定期的な受診でご自身の歯を守りましょう。

木島

ビジネスマン気分!!!

2016.09.28

こんにちは、寒くなったかと思えば、暑くなったりと悩ましい季節ですね〜・・・

で今回は現実的なお話です。

歯科医院も昔のように、患者様のためにせっせと、がんばっていれば、気づいたらそれなりの収入があって、高級車に乗っているというのは、もうすでに過去の話ですw

最近もなぜかやっている、雑誌やメデイアでの歯医者バッシング。

そのような記事を書くライターは目的がわからない時があります、事実もありますが、捏造的な話も見かけます。

このような記事を見ると、芸能人の気分が少しわかるなと思っている歯医者さんも多いのではないでしょうか?

など歯科医師、歯科技工士などの歯科界の我が国での立ち位置はとても危うくなって来ています。

とかく日本では医療は半分ボランティアであるような意識が強いようですが、我々は公務員ではないので、ビジネスマンとして仕事を考えなければいけない部分もあるのが現実です。

特に歯医者はみなさんもご存知のようにコンビニエンスストアよりも多く、経営していくことも簡単ではありません。医者がただただ、患者様利益のみを考えて仕事ができたら、どんなによいだろうというのは、真剣にやっている医者の定番の愚痴ですw

つまり、患者様のためになれば、それが必ずしも経営の安定を意味する訳ではありません。

そのため、経営者として、経営の勉強もしなければいけないのです・・・今日は都内某所の大きなビルに

やってきました。

実は私、ネームプレートやエントランスの改札みたいなやつ含め、都市の巨大ビルで働くビジネスマンに憧れがありまして、

なんだか受付でアポイントを伝え、ネームプレートをもらい(ゲスト用ですが)ビルに入っていく一連の流れにウキウキしております。

なんかビジネスマンって感じでかっこいいなとw

しっかり勉強してきます。

ページTOPへ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療コンセプト
  • クリニックについて
  • 診療内容
  • 診療相談
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス