検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

スタッフブログ

足のイボ2

2017.07.23

前回の続きです。

外科的に除去してもらった私のイボ、たまに痛みますし、歩く時少し気になりますが、2年ほどずっとあったのに、個人的にはこのままうまく治りそうな気がしてます。

この話何が気になるかというかというと、前医はもしかすると、今回の件についてベストな治療法がわかっていた。しかし保険が効かないので提案しなかったのではないか、もしくはその病院がその治療を保険外で行ってなかったのではないか(あくまで推測)ということです。

あくまで私の患者としての立場でですが、今回受けた保険外での治療の方が医学的には優れ、私のイボが治癒に向かうのなら、費用が少し高いこと以外に不利益はありません。逆に保険の範囲に固執することで治癒しないもしくは、時間がかかるとしたら費用が安い以外では不利益が大きいと思います。

これは私の立場ではどうしても気になってしまいます。

患者様の状況により、保険外の治療の方が利益があると思う場合には、医師はそれを正しく伝え、相談する必要があるのではと思います。では、前医は悪いのかというと、そうは思いません。私が歯科医師だからかもしれませんが先生は私に気を使っていたなどの配慮があったものと思われます。診断や見立てに間違えはなかったと思われるからです。

理由は、多くの患者様が以前として保険外治療に慣れていらっしゃいません。我が国の医療はどの病院でも十分なレベルのものを安価で受けられる、そう信じていらっしゃいます。その為ではないかと・・・

保険外治療の提案は時には、お金儲けと取られてしまうことをしばしば我々は経験するからです。また、その理由もうなづけるのが、残念ですが、同業者の中でも患者様がそのように感じても仕方がないのでは?という事例にも遭遇いたします。

しかし、現場の医師、看護師、歯科医師、衛生士など現場の人間はそうとは考えていません。一方で、保険の範囲のことを患者様に質問を受けることがあるのですが、なぜ保険が効かないのかとか、保険に入れるべきだと、しかし、それは私たちが決めることではありませんので、わかりません。ただ私たちは保険医である以上、保険診療においては、国のルールにのっとり、可能な範囲はできるだけ保険診療で行う必要があるということです。

その上で、保険の範囲の外の治療が患者利益につながると考えた時には、積極的に提案させていただくのが適切ではないかと考えます。

 

特に歯科の分野においては、根管治療や歯周病治療においては、保険の範囲では患者利益を損なう場合もあります。根管治療や歯周病治療でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

木島

 

経過観察治療後のカフェにて

 

 

 

 

 

 

 

スタッフブログ一覧へ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療コンセプト
  • クリニックについて
  • 診療内容
  • 診療相談
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス