検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

スタッフブログ

診療後の活動1

2017.10.05

こんにちは、だんだん肌寒くなって来ましたね、また私の嫌いな冬がやってくるという感じです(*_*)

 

さて、診療後にも病院の明かりがついてるけど何かやってるの?

と患者様から質問を受けることがたまにあります、歯科医師は、真面目にやってる先生ほど、診療時間中はもちろん、診療時間外に仕事に時間を使っています。

それをいくつか紹介しましょう。

大学病院時代に大学病院の役割は研究、臨床、教育の3本柱と聞いたことがあります。

開業医ではなんでしょう?

研究は到底できません笑

臨床、これがメインでしょうね、臨床家のことをクリニシャンといい、治療をメインで行う医師のことを言います。

後は実は教育が必要です。

残りは経営です。大学病院などで勤務している時には、経営のことを考える必要はありません。

しかし歯科医院は営利団体であり、公共機関ではありませんので、国の援助もありません。たまに利益を上げることに嫌悪感を出してしまう人がいらっしゃいますが、経営ことそれが医療機関であっても、利益を上げることは義務です。利益を上げられない医者は新しい機器を入れたり学会に参加したり、国内外のセミナーを受講するお金が払えません。

結果患者様に適切なサービスを提供できないからです。

 

今回は教育のお話です。

私共は診療の内容を写真や動画で収めることがあります。

※世間に出す時(学会で使用する、セミナーで使用する場合は患者様の許可がいりますので、勝手には使用することはいたしません)

これは、患者説明、治療の診断のため、治療の過程をとり問題が起こった時の原因究明、医師自身の勉強、教育、場合によっては訴訟の時の資料として使用されることもあります。最近多く使用されるのは若手のドクターなどが行なった治療などの動画を見て、直接やっている状況を確認しながら指導する。

 

もしくは動画にて手本を示すのに動画を使用します。これは以前であれば、見学をする、もしくは指導する立場の医師が横で見ていなければいけませんでした。

しかし、動画さえ取っていれば、見学で執刀医師の手元がよく見えないということはなく、その医師の視線そのままで見ることができるのです。また、同じで今度は指導を受ける医師の治療をその医師の目線で見れるので、間違えを詳細に指摘できるのです。

 

本当にいい時代で今の若手の先生が羨ましいです。

 


 

 

 

 

 

スタッフブログ一覧へ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療コンセプト
  • クリニックについて
  • 診療内容
  • 診療相談
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス