検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

スタッフブログ

予防歯科の力 ~歯周病治療、包括的医療として~

2011.04.21

こんにちは。

木曜日の午前中は日本大学歯学部歯周病学講座での症例検討会に

参加しています。

予約等のことで患者様方には、

ご迷惑をおかけしておりますことをご容赦ください。

特に、今日の内容はとても興味深く、勉強させていただいた症例でしたので、

少しお話いたしたいと思います。

演者は神奈川県平塚市ご開業の平野治朗先生です。

患者様は24歳の女性で、お口の中の状態からは、

年齢が想像できないような状態でした。

現在の診断名で言うといわゆる侵襲性歯周炎と呼ばれるものです。

初診時、患者様は気づいていなかったとのことなのですが、

口腔内の状態から糖尿病の疑いがあることを先生が告げ、

医科を受診したところ2型糖尿病であることが発覚したとのことでした。

そのような、リスクをふまえたうえで、歯周基本治療歯周外科等専門的な歯周治療を行い、

その後メインテナンス療法として25年間予防のクリーニングを継続してきたそうです。患者様は現在50歳とのことでした。

写真はお見せできないのが、残念ですが、これはとても管理の難しい歯周病であろう、しかも糖尿病を患っているというシビアなケースに対して、ほぼ歯周外科と二か所のかぶせ物という治療だけ(あえてこう表現させていただきます)あとは咬みあわせの管理と衛生士さんとの協力体制にある予防のクリーニングで25年間維持された口腔内は圧巻でした。

大きく3つ

①基本に忠実に歯周治療を行うこと

②口腔内の状態から全身状態を知ることができることがある(広い視野を持つ)

③治療後の予防治療を徹底すること

の大切さを痛感させられました。

先生によっては抜歯を積極的に行ってインプラント矯正治療を併用した、歯周治療をすべきとお考えになるかもしれないと思いますが、

発表された先生の経験や技術、患者様との付き合いの仕方などのいろいろな要素から生まれた低侵襲で患者様にやさしい治療であると思いました。

それと、なによりも25年という時間患者様と時間を共有されたことがすばらしいことですね。

私自身も患者様とそのようなおつき合いができたらと思いました。

千葉市美浜区磯辺の歯科医院 医療法人社団 峯友会 峯デンタルクリニック

インプラント・歯周病・審美・根管治療の専門的治療を行う歯科医院です。

スタッフブログ一覧へ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療コンセプト
  • クリニックについて
  • 診療内容
  • 診療相談
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス