検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

スタッフブログ

中学校で授業してきました!

2016.10.01

こんにちは、今日は歯科医師会の啓発事業の一つで中学校で授業を行ってまいりました。

日本では歯科治療に対しての認識、歯への関心が低いというのが、世界の常識という、不名誉なことが言われています。

最近よく引きえ合いに出されるのが、安倍首相の歯の酷さとオバマ大統領の歯の綺麗さです。

理由は諸説言われています。例で言うと、

①日本語は歯がなくても発音できる、欧米の言語は歯がないと正しく発音できないそうです。しかも、発音が正しくできない人はとても印象が悪いとのことです。

②宗教上、日本人は無宗教の人が多く命は惜しいが、人生を豊かに生きることへの欲求が低い。海外のように、キリスト教、イスラム教、仏教、儒教などの神様の存在を大切にしている人々は自分の口で食物を取ることに重きを置いているそうです。寝たきりの患者さんが欧米の方が少ないと聞きますが、それは日本人の多くが思っている、日本の医療が良いから寝たきりになる程長生きというのもあるかもしれませんが、一つには、自身で摂食できないのに生きることは神様への冒涜と捉えるような場合もあるようです。

③保険治療があるおかげで、すぐに治療できるので、逆に歯の大切さがなくなるまでわからない。

④見た目にお金を使う文化で、歯は見えないと思っているから。

などいろいろ聞いたことがありますが、どちらにしても、

歯科医師の立場からすれば、歯はかなり大切です。とお伝えしたいわけです。

体と歯の関係は深く、心筋梗塞、癌、糖尿病などいろいろな病気の発端は歯で、十分な摂食ができないことや、口腔内の清掃不良が引き起こすことが科学的に根拠をもって証明され始めています。

当院のホームページでも書いているのですが、恋人、友達、家族といて幸せな時を過ごしている時、人はどんな表情をしていますか?おそらくそれは笑顔でしょう・・・その幸せな時間を素敵な笑顔とともに過ごしませんか?

なんて思っています。そのお手伝いをさせてください。

てなことを考えながら、割と中学生を前に熱く語ってまいりました。最近の生徒さんはとても真面目に授業を受けてくれている印象でした、おふざけをしたり、寝てる子もいなく、とてもこちらとしても話がいがあります。

この世代の時に歯の大切さを少しでも理解してほしい、私が授業の中でマニュアルに付け加えさせてもらったのは、みなさん治療を受けないようにしましょうです。

????なんのこっちゃと思われるかもしれませんが・・・

歯医者に来るなという意味ではもちろんありません、予防をしに来院してほしいのです。

痛くなったら、困ったらやればいいやじゃなくて、予防することを我が国でも知ってほしい。多くの歯科医師がこれをなんとかわかってほしいと本気で思っています。

歯は予防することで、確実に結果が出ることが、言われています。

定期的な受診でご自身の歯を守りましょう。

木島

スタッフブログ一覧へ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療コンセプト
  • クリニックについて
  • 診療内容
  • 診療相談
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス