検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

スタッフブログ

ペンシルベニア大学の3Daysコース!!!

2016.11.06

こんにちは、年末にかけては今までいろいろ仮歯で様子を見ていた方や手術後の経過を見ていた方の被せ物を年内に間に合わせようというラッシュや年末痛くなると困るとお感じになるのか、お久しぶりの患者様も来院されます。それと勉強会のラッシュで歯医者漬けの毎日です。

体調に気をつけてなんとか乗り越えねばと思います。

先週の金土日の3日間であるコースを受けて参りました。

ペンシルバニア大学の臨床教授である、アラン・アトラス先生とサムエル・クラッチマン先生による、審美治療と根管治療の難症例に対してのコースでした。

特にクラッチマン先生は7、8年前に来日された時の講演を聞いてから、ずっとファンだった先生です。

やっと今回彼の講義とハンズオンコースを受講することができました。彼の得意とする、エンドマイクロサージェリーは、根尖病変(神経治療でうまく治らなかった、もしくは再発した時の状況)のみならず、歯周病の併発症例に対して、最後の最後まで、歯の保存を諦めないという治療です。とかくアメリカというと、訴訟の国なので、その後の歯の状況が怪しければ、早めに抜いてインプラントという治療になりがちな中、歯の保存を専門にされている先生なのです。もともとアメリカでは歯内療法の先生は歯を守る専門家という位置付けをされています、その頂点にあたる先生の手技を見れたのはとても勉強になりました。

どのように診断し、どのようにアプローチするかを学びました。私自身もなんとかして歯の保存に努めるというのをコンセプトに歯科治療を行っています。今回習ったことをいかして、いままで以上に患者様の歯を救えるに努力いたします。

て最後の写真、ただでさえアジアンな私は顔でかいのに遠近法で前に出されると余計でかく見える・・・はぁ外国人に憧れて早30年近くなりますが小顔になりたい・・・w

Dental Arts Academy URL ; Dental Arts Academy Facebook Page

スタッフブログ一覧へ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療コンセプト
  • クリニックについて
  • 診療内容
  • 診療相談
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス