検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

スタッフブログ

診療後の活動2

2017.10.05

診療後に何をしているかの続きです。

 

今回はカンファレンスですね、大きな病院の医科ではおのずと多くの専門家が集まって一人の患者様の治療やら対応などを話すことが必然であると思います。

しかし、こと歯科のしかも小さい規模の病院となると、それは従来では必然ではなかったのではないでしょうか?

 

現在でもそうですが、従来法を採用されている先生や病院の多くは、治療をやりながらその場で決める、しかも自分の考えでということが多いように思います。

しかし、現代では患者様の多様なニーズに応えるためには事前の準備が必要です。

また自分一人だけでは専門性が足りないもしくは、意見の偏りがある場合があります。そのためこのような準備と話し合いが必要になります。時には矯正医や外部の専門家に意見を求めることもあります。

今回は2つご紹介しましたが、それ以外だと自分自身の練習と新製品の勉強、練習、業者との打ち合わせです。

 

 

 

 

診療後の活動1

2017.10.05

こんにちは、だんだん肌寒くなって来ましたね、また私の嫌いな冬がやってくるという感じです(*_*)

 

さて、診療後にも病院の明かりがついてるけど何かやってるの?

と患者様から質問を受けることがたまにあります、歯科医師は、真面目にやってる先生ほど、診療時間中はもちろん、診療時間外に仕事に時間を使っています。

それをいくつか紹介しましょう。

大学病院時代に大学病院の役割は研究、臨床、教育の3本柱と聞いたことがあります。

開業医ではなんでしょう?

研究は到底できません笑

臨床、これがメインでしょうね、臨床家のことをクリニシャンといい、治療をメインで行う医師のことを言います。

後は実は教育が必要です。

残りは経営です。大学病院などで勤務している時には、経営のことを考える必要はありません。

しかし歯科医院は営利団体であり、公共機関ではありませんので、国の援助もありません。たまに利益を上げることに嫌悪感を出してしまう人がいらっしゃいますが、経営ことそれが医療機関であっても、利益を上げることは義務です。利益を上げられない医者は新しい機器を入れたり学会に参加したり、国内外のセミナーを受講するお金が払えません。

結果患者様に適切なサービスを提供できないからです。

 

今回は教育のお話です。

私共は診療の内容を写真や動画で収めることがあります。

※世間に出す時(学会で使用する、セミナーで使用する場合は患者様の許可がいりますので、勝手には使用することはいたしません)

これは、患者説明、治療の診断のため、治療の過程をとり問題が起こった時の原因究明、医師自身の勉強、教育、場合によっては訴訟の時の資料として使用されることもあります。最近多く使用されるのは若手のドクターなどが行なった治療などの動画を見て、直接やっている状況を確認しながら指導する。

 

もしくは動画にて手本を示すのに動画を使用します。これは以前であれば、見学をする、もしくは指導する立場の医師が横で見ていなければいけませんでした。

しかし、動画さえ取っていれば、見学で執刀医師の手元がよく見えないということはなく、その医師の視線そのままで見ることができるのです。また、同じで今度は指導を受ける医師の治療をその医師の目線で見れるので、間違えを詳細に指摘できるのです。

 

本当にいい時代で今の若手の先生が羨ましいです。

 


 

 

 

 

 

ダイレクトボンディングの巨匠のセミナーに参加してきました

2017.09.20

こんにちは、敬老の日を使ってあるセミナーに参加してまいりました。

 

ヨーロッパを中心に世界各国の優秀な歯科医師、歯科技工士、学者で形成されたスタディグループBio-emulationという今とても勢いのあるグループがあります。

 

ちなみに日本人の歯科医師二人がそのメンバーであるというグループです。そのお二人は私もとても尊敬するものすごいレベルの先生です。どんどん日本人も世界に出て行くべきでしょうね。

Bio-emulationグループのコンセプトは自然に学び、元々ある形態の回復を行うということのようです。

その中でも、自然美と言えるようなテクニックには、歯科医師はもちろん、一般の方が見ても眼を見張るようなテクニックが盛り込まれています。

今回そのグループ創設者の一人である

スペインのハヴィエル・タピア先生が来日され、コンポジットレジンを用いたダイレクトボンディングという治療(虫歯を取りきった後、詰め物で元の状態にし、治療したことがわからなく治す)のレクチャーとハンズオンセミナーを行うということで、ヨーロッパトップオブトップの先生のテクニックを直接習いたく、参加してまいりました。

 

やはり、タピア先生は慣れた手つきでいとも簡単に自然な歯の形態を回復されていました。直接わからないことも質問できて、明日から患者様のために活かせるテクニックであり、とても勉強になりました。

このようにこれからも世界基準で知識、技術の習得に邁進してまいります。

※写真の詰め物は模型でやっているので色があっていないですが、実際のお口の中では合わせて行きます。

 

木島

根管治療をマニアックに・・・

2017.09.20

こんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

歯科医師の治療のうちの多くの割合を占める根管治療のお話です。

今現在は、日本の歯科治療の歴史上一番根管治療熱の高まっている時期と言っても過言ではありません。

それはなぜか、根管治療3種の神器

マイクロスコープ

CT

ニッケルチタンファイル

 

が日本でも使える環境が整ってきたからではないでしょうか?

 

ただ本当に根管治療が好きな先生かどうかは、洗浄の方法についての話で盛り上がるかどうかな気がしたりします。

 

写真の道具はいまだに日本での認可は降りていません。しかし、現在でも世界での主流のこれらの道具を通り越して世界における新商品が日本でも認可が降りるという噂があり、日本は本当、ビジネスベースなんだなと残念になります・・笑

日本ではこれらの道具は最初から時代遅れとなるかもですね・・・

本当面白い国、我が日本・・・

 

当院では常に世界基準で道具の選定を行い根管治療を行うよう努力しております。

木島

 

マイクロスコープ、トレーニング

2017.09.03

こんにちは、アメリカでも中国でもとんでもない災害が起きていて、何かモヤモヤしますね、何か地球に異常が起きているのでは?と

被災者の方の少しでも早い復興をお祈り申し上げます。

アメリカには日本のロックバンド、エックスジャパンのYOSHIKIさんがさっそく、寄付をしていましたね。ご自身も大変な時期なのに・・・ステキです。

僕には何もできませんが、目の前の患者様の幸せのために少しでも技術や知識を学び、人間的にも成長することでしょうか。

土曜日の夜でやりたいこともあるのですが、

まずもっともっと上手くなりたい。なぜ?がんばるの?仕事好きだなという同業者もいますが、上を見れば私などまだまだだからです。私は人生において定数は下を見ることもしますが、変数においてはできるだけ上を見るようにしています。

本来本当悲しいことなのですが、同業者の残念な治療によって悪い結果が出てしまっていることも、よく見かけます。それをリカバーすることも大事ですし、またまずは自分が、患者様を不幸にしないようにしなくてはならないのです。

 

今は普段から常に使用しているマイクロスコープの技術を最高レベルにまで高めたいと考えています。日本の秋山勝彦先生やイタリアのmassimo mazza先生などを見ているとマイクロスコープをもっと自由に使いたいと、モチベーションが高まります。

土曜日の夜ですが、練習練習、プロは練習するのが当たり前。

ちなみに代診の臼井はトロント大学のジャパンプログラムを受講中で今週の木曜日から日曜日まで一日中、根管治療の勉強に行っております。そのため私もということで・・・

努力いたします。

木島

 

 

ページTOPへ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療コンセプト
  • クリニックについて
  • 診療内容
  • 診療相談
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス