検見川浜 稲毛海岸の歯医者で口コミ多数|峯デンタルクリニック

Case_#2

ソケットプリザベーション

歯槽堤(歯のうまっている顎の骨)の吸収の防止を図る治療法

歯の根元にサイナストラクトとよばれる主に根の病気があることを示すオデキがあるため根の治療をすることとしました。しかし、開始してすぐに歯が割れていることに気づいたため、今回の痛みが出る以前、この歯に大きな衝撃が加わったことがないかお尋ねしました。
案の定、幼いころ転んで歯がとれたのを歯科医師に固定してもらったことがあるとのことでした。そのため、患者様と相談の上、抜歯することとしました。エックス線に過剰歯といわれる歯(後述)もみられたためCTの撮影後、抜歯とともに骨の吸収を防止する手術を同時に行うことで同意を得ました。

過剰歯といわれる通常の数より多い歯が見つかり、そのまわりの骨がとけています(A)。
このまま歯を抜いてしまうと大きく骨が吸収してしまい見ために歯茎が陥没してしまうため、審美性、清掃性、インプラント治療の可否にまで悪い影響を与えてしまいます。
そこで、過剰歯を抜歯するためCTにより三次元的な位置を把握しておきます(B)。これは、安全性を高め治療時間を短縮することに役立つため、患者様にとって大きな利益があります。このような写真は2次元である通常のエックス線写真では得ることができません。

割れてしまっている歯は残しておくこと自体が骨の吸収の原因となるため他の歯まで巻き込んで悪くしてしまいます。歯の抜く抜かないは患者様にとって一番悩まれる事項の一つであるとは思いますがもちろん残せる歯は全力で保存し、残すことができないと判断した歯は少しでも早い時期に抜くということが大切だと思います。

右側上顎中切歯の根元に
サイナストラクトという
オデキが見られました。

根尖病変を慎重に除去したところその直下に過剰歯の歯冠が見えていました。

抜歯操作によって骨壁を破壊するなどして欠損の拡大および再生の場を失わないよう慎重に抜歯する必要があります。本症例は左側中切歯に過剰歯の歯冠が引っかかっていたため、歯冠部分を分割することで無駄に骨を傷つけることなく抜歯することが可能となりました。

抜去された過剰歯

骨欠損部に人工骨を置きます。
その後、メンブレンという膜を覆うように設置することで骨の再生もしくは保存を試みます。

歯が割れていたことと過剰歯があったことで大きく骨を失ってしまう可能性がありましたが、今回の処置を行ったことで、失う量を最小限にすることが可能となりました。

この後、歯の部分はまだ仮歯ですので、ブリッジかインプラントのどちらかで歯を入れる必要があります。相談の上、患者様の希望でインプラントで治療することになりました。つまり、今回の処置は歯をいれる前の処置ということになります。サイトディプロップメントなどと言われるものですが、ただ削って歯を入れるだけでは患者様のニーズに答えられない時代が来ていることを示しています。

ページTOPへ

このページを見た人がもっともよく見るページ

  • 診療内容
  • 交通アクセス
  • クリニックについて
  • 診療相談
  • 保険外診療のご案内
  • お問い合わせ